大学生にオススメ。財布に優しいお料理。

大学生にオススメ。財布に優しいお料理。

大学はとても楽しいです。

もちろん、好きな科目の講義も取れる、学びたい内容を学べるということも挙げられます。

しかし、何と言っても飲み会やパーティ、サークル活動なんかでとにかく充実します。

楽しいイベントも先輩などが企画してくれますし、自分で企画したりすることもできます。

ですが、やはり楽しいと言っても必要なのはお金です。

飲み会もパーティもサークルも、ほとんどの活動やイベントには参加費や交通費などのお金が必要です。

しかし、アルバイトだけで手に入るお金はほとんど生活費に消えてしまいます

そこでみんな考えるのが、ご飯を抜こう!ということなんですが、あまりに無謀です。

また、活動が多い大学生にとってエネルギーは必須。

エネルギー不足で怪我をしたり、病気になってしまう方が治療費がかかり無駄な出費と言えるので避けた方がいいでしょう。

と言っても、大学生がお金を浮かせるポイントはやはり食費程度しかありません。

外食を控えても、作るものに手間かかったり、材料が必要だったり、少ししかたべれなかったら意味がありません。

なので効率的にたべられる料理というものが節約の一手になりそうです。

そこで今回は、効率的な食べ物についてご紹介しましょう。

【オススメシ①】カレー

何と言ってもカレーは最強です。まず失敗しません。

じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、肉を切って炒めて、水入れてルー入れて煮るだけ。

少々時間と材料費がかかりそうです。ちょっと計算してみましょう。

今回はカレーのルー一箱ぶんでできるカレーに必要な材料費を考えてみます。

玉ねぎひとたま・・・60円

じゃがいも・・・40円

人参・・・40円

肉(最安を目指して鶏胸肉採用)・・・130円

カレールー・・・150円

総計420円。税金を考えると454円です。(あくまで目安です。季節やスーパーで異なります。)

実際に作ってたべたところ、4〜6食分は作れます。

4食たべれたと考えると、1回のカレーで必要な費用は113円

6食たべれたと考えると、1回のカレーで必要な費用は76円です。

しかし、人間は同じものを食べ続けると飽きます。

ですが、カレーはカレーパン、カレーうどんなど汎用性が高いので様々なアレンジが施せます

私がシチューをお勧めしないのはここ。汎用性に関してはカレーが優っています。

ちなみに学食やインスタントのカレーは1食110〜400円といったところ。

インスタントは疲れた時などはいいですが、いつも食べていると栄養が偏るのでオススメしません。

また、自炊をすることは料理の腕をあげることにつながるので、今後の料理で失敗する確率をだんだんと減らせます。

自分の手を動かして、作った方が後々のメリットが大きいということです。

 

【オススメシ②】鍋

貧困の際の最強の料理でしょう。

お金がないとき、一番もったいないのが買ったはいいけど使わない食材。

そのまま放置すればあっという間に腐り、捨てることになります。

しかし、鍋は適当な野菜を突っ込むだけで美味しいものが出来上がります。

わたしのオススメは豚肉の薄切りと白菜のミルフィーユですね。

白菜(食べきれず腐らすので1/4サイズがオススメ)・・・110円

肉(豚肉の薄切りが高い場合、鶏むねで代用できます)・・・120円

総計230円。ただ、回数は2〜3食分程度しか見込めないです。なので1食77〜115円程度ですね。

しかし、鍋の強みはここから。

スープが残りますので、そこにうどんを投入しましょう。出来上がりです。

うどん自体はひと玉2、30円で売っていたりするのでふた玉程度入れれば1食分完成です。

まだ終わりません。それでもスープが余ります。

そこにご飯と溶き卵を投入します。これでおじやが出来上がり。

このご飯は炊きたてよりも冷やご飯や冷凍ご飯がオススメ。

ご飯一合と卵ひと玉はたいした出費ではないので換算しません。

つまり300円で最高5食分は確保できますので1食60円。最強かよ。

 

【オススメシ③】野菜炒め

最近は野菜の値段が高騰しているので、オススメかと言われればそうでもないです。

しかし、冷蔵庫に残った野菜を処理するのには大いに役立つ料理です。

何と言ってももやし!一袋18円とか10円とかで売られているので困りません。

物足りない時は安定の鶏胸肉を入れましょう。

これだけでだいぶボリュームが増します。

ちなみに野菜炒めは失敗するとかなりまずかったり、美味しくないものが出来上がります。

油の量や調味料の量にご注意ください。

 

如何でしょう。

どれも知っている料理ばかりだったでしょう。

だから食べたいと思うことはあまりないかもしれませんが、お金がないときにそんな事かまってられません。

食事を抜くと、5倍太りやすくなるとも言われます。

食事を抜かず、安価でしっかりしたものを食べ、アクティブに活動していきましょう。

以上です。

ご閲覧ありがとうございました。