数学が得意になるにはこれだけ!

数学が得意になるにはこれだけ!

塾に勤めていて思うのは、数学と英語が苦手な子が多いということ。

そもそも塾に来ている子たちのほとんどがそれらが苦手で、大体この2教科を取っています。

それで、生徒を指導していて毎回思うのは、数学においては勉強の仕方を間違えている、ということ。

面白いことに、

数学が全くできない生徒と、数学が得意だけどいまいち満点を出し切らない生徒はこの点で共通していることがあります。

逆に言えば、どちらも勉強のやり方さえ正しく身につければ数学なんてちょろいということ。

そりゃ大学で扱われる数学は、本当に数学が好きな人しか理解できないようなものになります。

ですが、それはこのお勉強の仕方ができるようになってからのお話。

まずは、好き嫌い以前に得意となることが大事。

得意になれば好きになります。

好きになっても得意になるとは限りません。勉強の仕方を間違えば、数学は答えてくれません。

【好きじゃないから得意じゃないのか?】

よく市販されている本や、学校の教員に数学が得意になるためにはどうすればいいかと尋ねると、

「数学は好きになれば、得意になるよ。」

とドヤ顔で答えてくれます。

それもそのはず。その本も、その先生も数学が好きで出版したり、その職についているわけです。

なので、好きでかつ、飯が食える程度には数学が得意でなければなりません。

そんな人たちに数学が得意になるためには?と聞いたら、そう答えられて当然です。

僕は高校時代、数学は好きでしたができませんでしたので文系を専攻してました。

最初に行った大学も文系です。

その大学を辞め、浪人してからようやく正しい数学の勉強の仕方を学びました。

文系だった僕はそのおかげで、理系に転じることができ、今数学科にいます。

こういう話をすると、みんな頭の良さを引き合いに出しますが違います。

数学は頭が悪かろうと何だろうと、やり方があっていれば答えてくれます。

頭がいいから数学をするんじゃありません。

数学をするから頭が良くなるんです。

勘違いしないでください。

諦めるよりも見直して改善!

それは勉強だけでなく、生きていく上でとても大事なことです。

 

ですが、数学が好きになることは、”得意になる”のその先の次元に到達するためには必要な要素です。

僕が高校に送り出した生徒の一人に数学が嫌いだけど得意という子がおりました。

その子は文系科目の方が好きなのに点数につながらず、数学は嫌いなのに毎回90点後半を取っておりました。

文理選択の際、その子が選んだのは文系です。

その子曰く、点数には興味ないということ。

これを高校1年生で言える彼にはとても感動しましたね。

“好き”という要素がないのに、数学ができる。

こういう状況になると、どうなると思いますか?

与えられた数学問題は解けるのに、自ら数学の問題を見出せず利用できない

ということになります。

要は、数学はできるのに自分のものにできておらず、利用できる場面を見極められなくなります。

ですが、普段生活していてそんなに数学を使うかという疑問がありますね。

よく数学がなくても生きていけると聞きますしね。

これに対して僕は訂正して、こう言って欲しいと思っています。

数学がなくても”受動的には”生きていける。

つまり、自分で何かを成し遂げたり、何かを行うことはせず、人からただ与えられるだけの人生であれば全く数学なんて必要ありません。

別にこの生き方が悪いと言っているわけではありません。

ただ、僕は嫌です。こんな生き方したくありません。

僕からすると、生きていて楽しくなさそうです。

では”能動的に生きる”というとどういうことになるのか。

それはおそらく、自ら進んで関心を持っていろんなことに挑戦したり、いろんなことを学んだりして、それらが活かせるようになることだと思うんです。

「こんなの何に使うの?」

という態度はとても受動的です。

正直そんなこと知ったこっちゃありません。

何に使うかは各個人の自由。

使って成立すれば価値はありますし、不成立なら価値はないということです。

ですがこの態度と試みにはとても価値がありますよ。

 

【数学が得意になる2ワード】

今までは数学が”好き”ということに対しての価値を問いました。

好きになって悪いことはないので、嫌いな子に考え直して欲しいと思い最初に書きました。

では、本題に行きましょう。

数学を得意になるにはこの2ワードさえあれば十分なんです。

もっと得意になるためには“リアルタイム説明”が身につくといいです。

まずは数学が得意になる2ワードをご紹介します。

それはWhyとWhat、です。

これを以下のような状況の時毎回問うてみてください。

・わからない言葉が出てきた時、What(ナニコレ?)といい調べましょう。

・何かの過程を経てある答えが導出されている時や、公式に対してはWhy(なぜこうなった?)といい調べたり、考察したりしましょう。

おそらく数学は、以上2つの過程を経ると大体得意になります。

苦手な子の半数以上はこの思考過程を経ず、公式の丸暗記や回答の丸暗記をしています。

もちろん時間はかかります。

ですが暗記なんて無駄なことしている時間は、よっぽど無駄です。

何てったって暗記した回答や公式はその形がそのまま出題された時にしか役立ちません。

問題集にある問題や過去問通りに出るのは学校の中のテストや問題集でしかありえないことです。

入試などの重要な試験の時に、全く同じ方の問題が出ると言うのは余程のことがないと起きないでしょう。

ちょっとでも捻られると詰みます。

なので、ぜひこのような本質を考えてみてください。

 

さらに数学が得意になるためには上記の2ワードができるようになったら”リアルタイム説明”ができるようになるべきです。

これは僕が勝手に作った言葉なんで説明しておきます。

“リアルタイム説明”とは、解きながら自分で自分にこう問うのです。

「なんでそうなったの?」

すると、理解していればあなたは即座に

「だって〜。」

に続く文章で自分に説明できるはず。

これを解きながらできるようになると、とても回答の精度が上がります。

当たり前じゃんとまずは考えないことが大事。

“リアルタイム説明”をしている回答と、そうでない回答は答案用紙に差がはっきり出ます。

もちろん記述式の場合ですよ。マークシートなんていうゴミの時は運に任せましょう(泣)

“リアルタイム説明”をしている回答は理由が明確に示されるので論理的でとても読みやすく採点者も納得いく回答が出来上がっています。

一方そうでない文章は自分勝手な感じで、採点者から「わからない」と言われたら回答として不成立になりがち。

数学の記述式回答は、自分がどれだけ理解しているかではなく、相手にどれだけ説明できるかということ。

似ているようで違います。理解できなきゃ説明できません。

そして、理解するというのは回答者のための行為(Why,What)。説明するというのは相手のための行為です(”リアルタイム説明”)。

なので、”リアルタイム説明”の、自分に問うというのは相手に説明する力を養っているのです。

 

 

以上で終わりです。

ここまでで約2,900字です。

どこぞの本や数学教師が述べることよりとても簡単だと思いませんか?

得意でもないものを好きになるのはかなり難しい。

まずは得意になることが先決です。

まとめておきますね。

(Why,What)→(”リアルタイム説明”)→(得意になる)→(好きになる)→(能動的に動くヒントにする)

この流れが大切にできた時、数学なんてちょろくなっています。

公式にもそれが導かれた経緯があります。それを知ると、覚える、ではなく、理解する、に変わるはずです。

ただ、ちょっとだけ述べておきますが、数学には公理公準という証明しなくていい最低限の仮定が存在します。

ごく当たり前のことですので、説明しろと言われてもできないというものが存在するということ。

ですがその個数は限られているので、そこまで掘り下げて説明できたら一流でしょう。

数学は暗記だ、というような本が一時期本屋で売られているのみましたがこれは数学できない人を餌にしようと数学できる人が適当に書いたか、もしくは書いている人が数学を本当に理解しておらず人生でたまたまうまくできてきたために書かれたのだと思います。

このような本は、あなたはそうだったんですね的な感じで購入するのはバカバカしくて買ってません。

 

今の勉強の仕方で結果が出ていないのであれば、一回見直してみるのも手です。

あなたが数学なんかで苦しまないようぜひ検討してみてください。

疑問などがあればぜひご質問ください。

ではでは。