入試がどれほど重要か

入試がどれほど重要か

2月に入り、1週間が過ぎました。

この時期になると、入試がいよいよ本格化しますね。

本格化するのはいいんですが、この時期から気をつけないといけないのが自分のこと。

体調もそうですが、精神面もそうです。

入試へのプレッシャーや、一回滑り止め校を落ちたりすると一気に焦り出します。

 

そこで今日は、まぁなんと言うか気休め程度に僕の話をします。

学校の先生が入試で人生が決まると言うことが多々ありますが、それがプレッシャーになっているのなら聞き流していいと思います。

もちろん、それがモチベーションになっている方もいると思います。それはそれで結構です。

僕の考えや体験を聞いて、一人でも気持ちが軽くなってくれれば幸いです。

ちなみにこの記事は、真剣に未来を考えている学生のために書いています。

さほど考えていない人にはあまり参考になりません。

 

入試で人生が変わると言われ続けた高校時代

僕の出身校は俗に言う「エセ進学高校」の県立高校です。

校則が厳しく、0限という頭が起きていないのに開始される授業まであります。

始発で行かないと間に合わないレベルです。

 

その学校は地元の国立大学を目指せといい、入試ですべてが変わると言い続けました。

君たちは進学校に入ってきた、だから合格する以外の道はない

こんなこと平気で言ってました。

その割に、授業も質が悪く成績が上がらないのはすべて生徒の自主性のせいと言ってました。

生徒の自主性を尊重するといい、めんどくさいことはすべて生徒の責任にするという高校です。

公立高校でこの程度の学校があることに今は驚きです。

教育学部に来て尚更、あの頃の授業は悪質だったんだなぁと感じます。

 

言ってることとやってることが違うとはまさしくこのことで進学率もそこまで良くありませんでした。

地元の国立大学を目指していると大きなこと言う割に半分以上の生徒が、そこらへんの私立大学に行きます。

と言うか、そこらへんの私立大学にしかいけません。

 

僕はその中で、別に持ち上げるわけじゃないですが人一倍勉強していました。

と言うのも、勉強があまりできないから。

このころはまだ数学のちゃんとした勉強法も知らずただ暗記するだけで勉強した気になってました。

まぁそのほかの勉強も今思うと、的外れなやり方ばかりしていたなと思いますね。

 

そんな僕は、入試に一回失敗しました。

志望校に行けず、滑り止めの公立大学に行きました。

そのころ変に勉強したことに対するプライドを持っていたんです。

ところが周りは全く勉強していない方達ばかり。一気に自分のやって来たことが無駄に感じました。

そこで浪人を決意。親には超迷惑かけましたが、1年予備校に通いなんとか今の大学に合格できました。

 

こう言う目で見ると、確かに入試は人生を大きく変える力を持っています。

もし、僕が滑り止めの大学で満足していたら今の自分はありませんでした。

僕は今の環境に満足するとともに、感謝もしています。

周りの環境を変えたいと願うのであれば、入試は大きなターニングポイントになることは間違い無いでしょう。

長い時間をかけて準備し、本気で挑んでいく価値はあります。

 

入試を終えて3年経って

ただ、入試が人生においてどれほど重要だったかと言われれば、今の僕はこう答えます。

「さほど重要では無い。」

意味を履き違えないよう、説明します。

 

今の大学に来て思うことは、いろんな人がいますね。

一番最初の記事でも書いたんですが、全く努力せずにたまたま来れた人もいますし、推薦で来た方もいます。

僕は地元を離れましたが、いろんな地域性があって毎日驚かされています。

だからこそ、見失いがちになるのが自分がここに来た理由です。

大学に入るために、必死に受験勉強していた時は確かに大きな志と目標を持っていたはずなのに

大学に入ると、楽しさのあまり忘れてしまいがち。

このまま卒業すれば入試は

「さほど重要で無い」経験になっていました。

そしてこのように卒業する方は多くいらっしゃいます。

なので、自分も流されてしまいそうになります。

 

要は、入試を「さほど重要では無い」経験にするのも、「とても重要であった」経験にするのも自分次第だと思います。

僕は胸を張って、入試が「とても重要であった」と言えます。

人生があそこで変わりましたし、色々挫折しそうな時も、入試に失敗して苦しんだあの頃を思い出せば全然耐えられます。

入試を終えた人生の先輩方にどうだったかと聞くと、「さほど重要では無い。」と答える方が多いでしょう。

それは本気で挑んでいないか、本気で挑んでいたあの頃を忘れているんです。

 

人生の全てがここで決まるとはとても言えません。

ですが、人生を大きく変えるのは確かだと思います。

入試自体に全く重要な価値はありません。

テストをして、大学側が採点して入学させるだけですから。

ただ、その入試を受けるまでの受験生生活にどれだけ重要な価値を与えることができるのか。

これが大事だと思います。

 

ただ、入試は失敗してもいいと思う。

ここまで色々語りましたが、要は入試を重要な経験にするのはあなた自身であるということ。

しかし、これっていろんな経験もそうですよね。

そう、入試は所詮長い人生の中の1つの経験でしかありません。

それにどれほどの価値を持たせるかは自分次第なんです。

なので、今入試を頑張っていて周りの人たちから入試ってあんまり重要じゃ無いよと言われて困惑しても、

それは色々ある意見の一つ、その人たちが入試に重要な意味を持たせて無いだけであって、あなたはあなたの価値観でいいと思います。

 

ですが、入試に価値を持たせるのは、結局入試が終わった後。

あぁ、俺の受験生時代は〜。

と思うことで色々な価値が付与されていきます。

これから入試の人に僕は、

入試より大きな経験なんかいくらでもある。だから入試なんかで頑張れない人はその先に行けない。

と言います。

大学生になり、いろんなことにチャレンジしていますがなかなかに大変です。

ですが、この大変な経験もこの大学に来れたからこそ。

入試を諦めていたらこの経験も中途半端にやめていたと思います。

 

だから、僕は入試の合否よりも、本気度が重要だと思います。

どれだけいいところに合格したか

よりも

どれだけ本気で勉強して、どれだけの目標を持ってその大学に行ったか

が大切だと思います。

底辺校だろうと、ちゃんと目標や目的があるのなら全然素晴らしいと思いますよ。

これは高校生のみならず中学生にも言えること。

ただ、中学生ではっきりとした夢を持っている生徒って案外少ないような気がします。

 

なので入試で落ちたというのも、そもそも入試を受けなかったというのも全然ありだと思います。

したいこと、やりたいことのために大学に行かなかった

これがどれだけ

とりあえず大学に入っておこう

より価値があり、そして素晴らしいことかわかりますか。

はっきり言いましょう。

後者で大学に入学しているかたは、所詮就職が限界です。

そしてあとあと、お金が足りなくなっていうんです。

「この社会は〜。」

文句は簡単に言えますが、彼らは本当にそれだけのことをしているのでしょうか。

社会に認められるほどの価値を持ち合わせているのでしょうか。

 

前者の方は、いろんなことに挑戦し、そして諦めない心を持っています。

何事も、極めたり儲けたりするには、絶え間ない努力とハングリー精神が必要です。

なので、入試をなんとなく受けるくらいなら働いてお金をちょっとでも稼いだ方がマシだと思います。

 

最近ネットでも中卒だけど月うんたら万円という記事がホントかウソかありふれています。

もちろんそういう方もいらっしゃいます。

なんとなく大学に入っただけでは、何も変わりません。

大学に入っただけでは学費でお金が消えるだけで、別に入ってきません。

大卒という称号をもらっても、それをうまく活かせなければ無意味です。

ほら、入試と一緒。

自分がどれだけその経験に価値を与えられるか。それだけなんです。

 

この世で最も平等な世界

ところで入試は、この世で最も平等な世界を実現していることに気がついていますか?

全てが点数だけで判断され、合否も点数のみ。

センター試験は相変わらずクソですけど、2020年にはめでたく廃止されます。

自分がどれだけ理解していて、どれだけ使えるか

それを点数によって表現するだけです。

 

男女平等な社会なんかこの世に存在しません。

例えば浮気したというじゃないですか。

男が浮気するとサイテーと言われます。

女が浮気するとあんたが寂しくしたせいだと男が責められます。

 

人は見た目じゃないと言われます。

顔です。見た目です。

 

こうして考えると入試がいかに平等か。

ただ推薦入試は例外だと思います。

だって学校の評価基準全然違うくないですか?

クラスメイトの推薦で来た学生は超努力してテストの点数を80点以上に維持してやっともらえたと言ってますが、

僕の高校はオール3の成績の僕でさえお誘いがきましたよ。

なのであまり比較対象にはならないかな。

 

まとめ

ここまでだいぶ長くなりましたが、結局入試は人生の1ページにすぎません。

ただその1ページにどれだけの価値を持たせられるかはあなた次第ということ。

入試はもちろん、大変です。

緊張しいだった僕にとっては忘れもしない地獄です。

ですが、その経験は今の僕を作ってくれました。

とても大切な1ページだったと思えます。

本気で努力しても損はありません。

むしろここで頑張れないのなら、もう頑張れることはないでしょう。

入試を受けない理由があるほどの夢があるならそちらを優先してもいいと思います。

人生は色々です。

ですが、その人生はあなたのものであって、他の人のものではありません。

だからこそ、全力で頑張ったことは何も恥ずかしくないと思っていいでしょう。

誇ってもいいと思います。

入試がまだの方はもう少しです。頑張ってください。

 

以上です。

ご閲覧ありがとうございました。