大学生の塾講師バイトの実情

大学生の塾講師バイトの実情

これまでに数回、大学とはどういうところか、大学生になるには何が必要か、という記事を書かせてもらいました。

大学生準備!受験生に知っておいてほしいこと

大学生はWindows?Mac?パソコンの悩み

大学生の彼女事情、整理と対策

 

今回は、大学生には欠かせないバイトについて。

高校がバイト禁止で、大学生になって初めてアルバイトに挑戦するという方も多いんじゃないでしょうか。

そこで、いろんなバイトの種類の中から塾講師をピックアップ。

自分の経験から語れるバイトがこれしかないというだけなんですが。

特徴、知っておいて欲しいことなどをまとめてみました。

大学生がよくするバイトの一つなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

塾講師について

塾講師のバイトは割と多いです。

飲食店、コンビニについで多いと思います。

 

宣伝文句でよく、

子供と勉強する楽しさを知ろう

とか書いてありますが、確かに楽しいです。

クラスの担任の愚痴やら、A子ちゃんがどうだの、宿題忘れた言い訳が目薬がなかったことなど。

子どのたちの話は意味不明で面白いです。

教えること自体が好きであれば、またお話しすることが好きであればとても楽しいバイトです。

 

しかし、僕は塾に通うことも、塾で仕事をするのもあまりお勧めはしません。

勘違いしないでほしいのは、僕は塾でのバイトは楽しいし大好きですよ。

塾に期待してはいけないこと、それは何かを得ること。

得られることが皆無とは言いません。

しかし、

通ってもろくな知識は与えられません。講師はど素人が多いから。

バイトをしても、正直ろくなお金にはなりません。やること多いから。

 

給料設定

時給は他のバイトに比べたらいい方だと思います。

なので、効率よく稼げると思うかもしれません。

しかし、何年もやっているとだんだん気づきます。

仕事量に対して、給料が見合っていないと。

 

塾講師の仕事は教えるだけではありません。

予習や、三者面談、自分の専門以外の授業、掃除、送迎。

それでいて、成績を上げなければならないし、髪は染められないし、1年間は基本やめられないし。

とにかく、やることと拘束が多い。

 

2年目以降はコツを掴んで、正直予習しなくても出来る様になります。

さらに、勉強して他の講師よりワンランク上のことが教えられると人気も出ます。

しかしそれに伴って仕事内容も増します。教室長あたりが調子に乗ってきます。

 

たまに、塾講師をして月収13万という額を手に入れ、苦労していないという友人がいます。

その友人に週どのくらい働いているのかと聞けば週4、週5。

僕の感性からすると、そんだけ働いて13万て安すぎる気がするんですけど。

 

確かに、今まで働いたことがない方にとって、13万とは大きな金額に聞こえるかもしれません。

大学生にとって大きなお金であることにも間違いはありません。

ですがそれだけ働いて、大学生の本分である勉強はしっかりできているのでしょうか。

勉強しない気なら構いませんが、それならさっさと就職した方が効率はいいです。

バイトよりも、正社員の方が給料高いの当たり前ですから。

 

ただいいこともあります。

本当に子供たちと話すことが好きであれば、子供達のためになんでもできるのであれば超楽しい。

僕もそうですが、いつの間にか時間が過ぎていて、いつのまにか口座にお金が入っています。

子供が、先生にもっと教わりたい、と言ってコマ数増やしてくれるとお金にもなります。

何より嬉しい。

 

つまり、お金目的でやるのならお勧めはしませんが、子供が好きなのであれば断然おすすめ。

ちょっと大変なことがあると、お金目的で見ると、金にならないのになぁと感じ、

自分も相手も不幸にします。

子供が好きなら、本気で悩んで、一緒に問題を解決して、たくさん学べます。

 

特徴

すでに述べてはいるんですが、ほとんどの塾は

・スーツ絶対着用

・髪染め禁止

・担任制を採用しており、1年は基本的にやめられない。

となっています。

 

本音は、学校の真似事してバカなんじゃないかなと思ってます。

学校で成績上がらないから、塾来ているのに

なぜ学校の教師よりもクオリティーの低い講師揃えて環境は学校真似て

成績を上げます!

と声高々に宣伝しているのでしょう。

行き過ぎた学校ごっこです。

 

僕が塾講師を始めたきっかけは

・スーツが好き

・髪染めに飽きた

・4年間やめる気なかった

と、拘束されても構わない心構えだったからです。

こういう方は全然塾講師やってもいいと思います。

教えるクオリティーもどんどん上がっていくと思います。

 

ですが、大学生活で色々なバイトを経験するのはとても大切なこと。

なので担任制というのはとても痛い。

基本、アルバイト募集をしている塾は個別指導がメインです。

一斉指導をする塾で募集していれば、割とやめやすいかも。

 

また、髪染め禁止なのは大学生エンジョイ勢にとっては絶望です。

特にダンスサークルとか染め染めしてますので不向きです。

一時期、髪を染めていた僕は、黒染めスプレーをして言っていましたがあれ以外と高い。

あとおでこは黒くなるし、髪触ると黒くなるし、シャツの襟が黒くなるし、最悪。

 

また、子供が好きであれば大丈夫みたいなこと書いてありますが、そうでもありません。

バイトをするあなただって、人間です。

環境や、生徒の態度が悪いとイラッときたり、楽しくなかったりします。

しかも、大学生に任されるのはほとんど中学生。

反抗期真っ只中。

しかもヤンキーっぽい子もいます。

塾は勉強したくてはいるというより、勉強しないから親に強制的に入らされる場所。

何しにきてるんだという子もたくさんいます。

 

これを大きな声で言ってはいけない気がするんですが、正直塾で勉強しない子は適当に教えるべきだと思います。

その子に集中して、なんとか勉強させようとしても、他のできる子ややる気のある子に損害がいきます。

勉強なんて、所詮本人の気持ち次第。

本人がまずいと感じるまでは、どんな指導をしても無駄です。

なので、そういう子には勉強より、あなたがこれまで得てきた人生での教訓を教えるべきです。

公式より、文法より、年号より、その子に必要なのはやる気。

やらなきゃまずいと思うような教訓を、与えてあげてください。

手を抜けってことではないので悪しからず。

 

まとめ

以上から、まとめると

・仕事量と給料は見合っていない

・拘束が多い

・子供が好きでボランティア精神でやると楽しい

ですね。

 

正直な話、お金目的で塾講師やってる方のほとんどは教え方がゴミです。

これは学校の教師にも当てはまることだと思いますが。

子供が好きでなきゃ、やっちゃいけないバイトや仕事であることには違いありません。

 

僕がよくいうのは

心の余裕がないと指導の余裕がない。

心の余裕はお金から生まれる。

だからお金がないやつの指導は余裕がない。

です。

すごい極論かもしれませんが、結構当てはまっています。

僕はこれをモットーに、ネットで毎月最低20万程度稼いで、ボランティア感覚で塾講師というのをやっています。

全ては子供のためなんで苦ではありません。

 

始めたては指導に余裕がなくても、教え方がど下手くそでも構いません。

生徒とのコミュニケーションを重視してください。

そうすれば、自ずと指導力はついて来ます。

大事なのは子供のことを考えること。

お金儲けには不向きです。

 

以上です。

ご閲覧ありがとうございました。

では。